こころとからだの解放サポート フライラッセン

鶴川 町田 新百合ヶ丘 麻生区 ヒーリングサロン フライラッセン


女性専用 フライラッセン

フライラッセン

2018年01月31日

辛いときこそ 視点を変えて

現在、kyokoは凍結肩(四十肩・五十肩ってやつです)です。

 

痛くなるときは動けなくなるくらいの痛みなのですが

ありがたいことに、お仕事中は痛くならないのです。

不思議。

 

とはいえ、夜中に激痛で目覚めることもあり

どうにか時間を作って病院に行ってきました。

(違う病気だったらと思うほど痛かったので)

 

で、昨日は理学療法も受けてきました。

電気掛けたりあっためたりですね。

 

「本を読んだりしていいですよ」と言われましたが

あえてその時間は読まないし、スマホも見ないことに。

 

どうしてかというと、なかなか何もしない時間や

自分や仕事のことなどに囚われない時間がないから。

お客様にはそういうお時間を!とおすすめしているのに

なかなか自分では取れていないことに気がつきました。

 

さて、どうしよう。

即、思いついたのが10分間電気を当てている間は瞑想したり、呼吸に意識を向ける時間にする。

そのあとあっためている10分間はリハビリ室を楽しむ。

です。

 

決めたらあれほど面倒くさいなと思っていたリハビリ室の時間が楽しくなりました。

リハビリ室の中は、興味深いことだらけ。

目の前にある「肩こり」についての張り紙も、運動療法をしている先生方の様子も。

「そうそう、そうだよね。今度皆様にもお伝えできるな」とか

「やっぱり、資格を持った先生もぐいぐいもんだりしてない」とか。

「今はどうして、あそことあそこに指を置いてるのかな?」とか。

楽しいです(笑)

 

以前、右膝のお皿を骨折後のリハビリも楽しくって、

思いがけない部分を刺激されているのに、別の場所がゆるんだり、

少しずつ自分のからだが変化していくことを体感できるから

楽しくて楽しくて、

予定の半分の期間で終了してしまったときは、残念で仕方ありませんでした。

 

今も確かに、痛みはつらいんですが、

こればっかりは突然治るものでもないので、

自分のからだの変化も楽しんでます。

 

実は、こんなになる前から左手には兆候があったんです。

まずは、中指がバネ指みたいになってちょっと施術する時痛かった。

しばらくすると、それはおさまって、手首に違和感。

その後、ちょっとひじがひっかかるな~なんて2~3度思ってたら

一気に肩周辺の激痛に。

なので、最初に激痛に襲われた時の感想は

「おもしろい!」

でした(笑)

 

今は、痛みの場所が日によって変わったり、

痛くなる影響で、少し違う場所が張っていたり、

そんなことに気がつくたびに、おもしろがっています。

 

もちろん、痛いのはつらいので嫌なんですけどね。

「痛い」「辛い」ばかりに意識を向けていると

うれしいこと、楽しいこと、ありがたいことが目に入らなくなっちゃいます。

 

薬に頼るほど痛みが強いことがあるけれど、

お仕事をすることはできる。

これ、とってもありがたいことですよね。

 

痛がっていることを気にかけてくれる人がいる。

当たり前のようだけれど、当たり前じゃない。

うれしいし、ありがたいこと。

 

そして、痛いことが少しずつ減っていくこと。

それに気がつくと、うれしいし

痛みがなくなったらできることを思いめぐらすことができる。

 

「なんて単純な人」

と思うかもしれません。

でも単純でいいじゃないですか?
複雑にする必要ないです。

複雑にすると見えないこともたくさんあるし。

 
辛いときにこそ、一呼吸おいて

シンプルに、小さい子どものになった気分で視点を変えてみると、

普段気がつかないしあわせやありがたいことが

あふれかえっていますよ。

 

お日様のポカポカを感じると、そのありがたさを感じるように。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
小田急線鶴川駅徒歩5分 当日予約OK
アロマヒーリングサロン freilassen(フライラッセン)
住所:東京都町田市能ヶ谷町2-1-27
サンライズ池田301
TEL:042-719-1515
mail:info@freilassen.com
LINE@ ID: @sgi2471r
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
各価格は、最新の情報をご確認ください。