こころとからだの解放サポート フライラッセン

鶴川 町田 新百合ヶ丘 麻生区 ヒーリングサロン フライラッセン


女性専用 フライラッセン

フライラッセン

2018年03月12日

もうひとつの3.11

昨日書こうと思っていたのに、話がずれてしまった

もうひとつの3.11

 

3月11日は私の母の誕生日

83歳になったんだって。

 

よく「私はもう3回もお医者様から死んでもおかしくないと言われた」と

聞かされてたけど、83歳!

よかったじゃん。

 

と電話で話しました。

(弟にも毎年言われるんだって。そのくらい聞かされたんだよ。)

 

 

その話だけ覚えていたのだけれど、

母自体もお医者様に直接言われたわけではなかったらしい。

子どもの時にそういう状態になり、

祖父母がそうお医者様に言われたんだそうだ。

 

戦争だって経験している世代。

けれども何とか生き、父と出会い、私や弟を産んだ。

 

 

 

両親が生まれて、困難な環境の中生きて出会い、

私を産む。

これだけでもすごい確率。

 

さらに、両親にはそれぞれに両親がいて、

そのまた両親がいて。

 

さかのぼればどこまで行くのやら。

 

その間には戦争や天災も起こったであろうことは想像に余りあります。

そして、今より医療も食事も、生きるには大変だったはずなのに

その中で生まれ、生き、次につながった。

そして私にまで繋がってきている。

その確率は、もう「奇跡」

 

いつ途絶えててもおかしくない。

 

すごいね。

 

私、生まれた。

 

 

人間は生まれたその瞬間から

「生」と「死」の両方と共に歩みます。

必ずセット。

 

「出会い」と「別れ」も同じようにあります。

「光」と「闇」がセットのように。

 

つい明るい方だけ見ようとしちゃうけれど

対になっているからこその「明るさ」「喜び」だと思います。

 

 

3月11日

 

7年前 東日本大震災が起こり、

たくさんの命が旅立たれました。

残されたご家族、知人、周りの方がたの悲しみは

なくなることはありません。

 

 

一方、3月11日は

母が生まれた日。

一つの命が生まれてきた日。

 

震災の中生まれた命もあります。

その後も3月11日は毎年やってきていて

毎年新しい命が生まれています。

そして、これからも…。

 

悲しみだけの日ではない。

 

それを強く感じた一日でした。

 

CIMG0246_R

 

P.S.

そういえば、震災直後

「これで私の誕生日は震災のあった日になっちゃうね。」

と母が言ってたのを思い出しました。

なんだかさみしい気持ちになった私です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

小田急線鶴川駅徒歩5分 当日予約OK
アロマヒーリングサロン freilassen(フライラッセン)
住所:東京都町田市能ヶ谷町2-1-27
サンライズ池田301
TEL:042-719-1515
mail:info@freilassen.com
LINE@ ID: @sgi2471r
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
各価格は、最新の情報をご確認ください。