こころとからだの解放サポート フライラッセン

鶴川 町田 新百合ヶ丘 麻生区 ヒーリングサロン フライラッセン


女性専用 フライラッセン

フライラッセン

2018年07月20日

この子は手がかかるなぁと思ったとき

息子が海外出張から帰ってきました。

 

もう、すべてが急な上に初めてで、さらにいろいろハプニング発生で、

久しぶりに細胞が壊れちゃうんじゃないかと思うほどのダメージを受けました(笑)

 

その前はいろいろ考え、心配し、おかしくなりそうでしたが、

行くとこまで行くとどうあがいても無駄だとわかるので

腹をくくりました。

そうなると思いの外楽になるもので、

改めて「手放す」って大事だなぁと思いました。

 

自分がどうにかできる、どうにかしなきゃと思っているうちは

そのことを握りしめているので苦しいんですよね。

でも、手放しちゃうとあとはなるようになる。

先回りして思い悩むんじゃなくて、

その時とその時、大切なことに向き合っていけばいいんですよね。

 

 

今年で20年子育てをしてきたことになるのですが…。

「子育て」は「親育て」でしかないなぁとつくづく思います。

 

そして、子どもは私の分身ではあるけれど、

全く別の「個」。

自分の思うようには絶対にいかない。

 

苦労しないようにとか

失敗しないようにとか

いろいろ伝えてみたところで、それを100%やってくれるなんて思ったら

とんだ間違いです。

 

もちろん、生育環境は大きく影響するので

どこか奥底に親の言ってきたこと、やってきたことは残っていますが

だからって思い通りには育たない

 

それを知ること、そういうものだと受け入れること。

これは人間にとってとても大切なこと。

 

それを一番近くで教えてくれるのが子どもじゃないでしょうか?

 

 

「そんなこと当たり前でしょ。」っていわれちゃうかもしれません。

でも、それ、親子間でも同じように思えている人はそう多くないかもしれませんよ。

 

 

 

うちは一人しかいないけれど、兄弟姉妹がいるおうちでは

この子は手がかからないけれど、この子は手こずるとかありませんか?

同じようにはいきません。

人それぞれ。

 

今回、私からすればわかること、想定できることを一生懸命伝えていたけれど、
実際には痛い目にあって初めて理解するという出来事がありました。

「少し考えればわかるじゃん!」と私は思ったけれど、

それは私基準が計ったことだし、私基準だと黄色信号点滅だっただけで

彼にとってはそうじゃなかった。

 

そういうことです。

そういうことがあるということです。

 

何か起こった時、つい

「ほら~だから言ったじゃん!」って言ってしまうけれど

それは私の中の出来事で、彼からしたら初めて点と点がつながった瞬間なんだと思います。

 

だったら、それでいいじゃない。

親は根気よく、点をたくさんまいておけばいいのかもしれません。

いつかそれがつながった時、本人はちゃんと理解してくれるに違いないと信じて。

 

「手がかかるなぁ」と思ったときにこそ

親であるこの私に「人として学ぶこと」「大切なこと」を教えてくれてるのかもしれませんね。

 

DSC_1469

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
小田急線鶴川駅徒歩5分 当日予約OK
アロマヒーリングサロン freilassen(フライラッセン)
住所:東京都町田市能ヶ谷町2-1-27
サンライズ池田301
TEL:042-719-1515
mail:info@freilassen.com
LINE@ ID: @sgi2471r
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
各価格は、最新の情報をご確認ください。