こころとからだの解放サポート フライラッセン

鶴川 町田 新百合ヶ丘 麻生区 ヒーリングサロン フライラッセン


女性専用 フライラッセン

フライラッセン

2018年10月26日

自分にOK出すのも案外難しい

昨日のブログ「眠れない夜」で

 

”やはり一番の薬は「休むこと」

休んでいる自分にOKを出すこと”

 

とか

 

”自分を甘やかした。甘やかすことにOKを出した”

 

と書いたけれど…

 

 

これまた簡単ではなかった。

(今でこそできるようになったけれど)

 

 

頑張ること、しっかりすること、

自分が犠牲になって周りがよくなるならいいや。

 

甘えちゃいけない

弱音をはいたらいけない

 

それは自分が弱いから。

それは自分がダメだから。

 

そう思っている人多いですよね。

 

私も同じ。

 

特にこの時期、離婚して、子どもと二人暮らしになって

自分が父親にもならなくっちゃ!と思っていたし

自分しかいないと思っていたし。

休んだら生活していかれなくなってしまうとも思っていたし。

なにより、「私は我慢強い。頑張れる。」と

思っていました。

 

 

ある頃から無理を承知でも見ないふりしていましたね。

だましだまし。

結局無理だろうが何だろうがやっていく。

だって自分が選んだ道だから。

 

おっとここで妙に真面目が顔を出しちゃう。

 

休むこと、甘やかすことに慣れていないと

どうやっていいのかわからないので、案外難しい。

そして「白か黒か」「ゼロか百か」のタイプだったりすると

一気に休もう、甘やかそうとふり幅も大きく、微妙なストレスに。

 

だったら慣れている「無理する・頑張るでいいや」と選んだわけなのですが。

 

結局身体がシャットアウトしました。

会社に着くと目の前がみるみる暗くなって見えなくなったんですよ。

さすがにまずいって気がつきました。

 

そこまでいくと「休む」「立ち止まる」「甘やかす」を選択する覚悟もできました。

 

でも、できればここまでいっちゃう前に休んだり、甘えたりもOKなんだよって

思えるといいですよね。

そうしたからって、誰も怒ったりしませんから。

大丈夫。

 

それによって自分が元気でいること、笑顔でいられることの方が

周りには、特に子どもにとっては一番のこと。

 

それに気がつきました。

 

ほんと、それだけで子どもはうれしいんですよ。

 

もしそれでも、うまく自分を甘やかせない、休めない、OKを出せないのなら

ほんの少しの時間ですが、私に会いにきてください。

 

ちょっとの間日常生活を忘れ、

手のぬくもりや大切にふれられる感覚を感じてください。

好きなことおしゃべりしてください。

 

お帰りになるとき少しでも笑顔が増えますように。

心が軽くなりますように。

 

アロマヒーリングサロン フライラッセン

 

ブログ「眠れない夜」

http://freilassen.com/blog/2720

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
小田急線鶴川駅徒歩5分 当日予約OK
アロマヒーリングサロン freilassen(フライラッセン)
住所:東京都町田市能ヶ谷町2-1-27
サンライズ池田301
TEL:042-719-1515
mail:info@freilassen.com
LINE@ ID: @sgi2471r
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
各価格は、最新の情報をご確認ください。