こころとからだの解放サポート フライラッセン

鶴川 町田 新百合ヶ丘 麻生区 ヒーリングサロン フライラッセン


女性専用 フライラッセン

フライラッセン

2017年06月25日

グリーフへの思い

最近何かでちらっと目にした書き込みだったか、文章がずっと気になっていて。

 

ちょっと曖昧なのですが、介護に携わっている方のご意見で

介護の勉強として取り入れられているが、死と向き合っているわけではなく

その前の「生」を見つめているから必要ないと思う。

というような内容だったように思います。

 

どこでも見かけたのかも覚えていないくらいなので、

正しい内容ではないかもしれないのですが、

少なからず、似たような理由でグリーフケアや「死」についてを

考えることを拒絶されている方は、多いのだろうなぁと

この時思ったのを覚えています。

 

どうしても「死別」がクローズアップされているグリーフ。

亡くなった後のできごとだというイメージが根強くあるんですね。
だからなかなか、当たり前に生活の中、会話の中に入れてもらえないのでしょうか?

 

生まれた瞬間から死という次のステップに向かって生きている私たちです。

生きていく過程でもいろいろな別れや喪失感を経験します。

またそれは人や物だけにとどまらない。

 

そして、実際に喪失する前にも予測できる状況では「予期悲嘆」というグリーフがあります。

死やからだの一部を失う可能性のある病気にかかられた方

そしてそれを見守る家族やまわりの方。

大切な思い出の場所がなくなってしまうと知ったとき。

できていたことができなくなっていくのを感じたとき。など

いろんな人がいろんな場面でグリーフを持つ可能性があります。

 

 

ワークショップではおいおい、こーんな話もしていかれたらなぁって思います。

 

◆大切な何かを失ってしまったとき①「グリーフって何?」
詳細: https://reserva.be/freilassenws/reserve…

 

◆大切な何かを失ってしまったとき②「感情イロイロ」
詳細: https://reserva.be/freilassenws/reserve…

 

DSC_0758_R

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
小田急線鶴川駅徒歩5分 当日予約OK
アロマヒーリングサロン freilassen(フライラッセン)
住所:東京都町田市能ヶ谷町2-1-27
サンライズ池田301
TEL:042-719-1515
mail:info@freilassen.com
LINE@ ID: @sgi2471r
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
各価格は、最新の情報をご確認ください。