こころとからだの解放サポート フライラッセン

鶴川 町田 新百合ヶ丘 麻生区 ヒーリングサロン フライラッセン


女性専用 フライラッセン

フライラッセン

2017年01月20日

お店がなくなった 私のグリーフ

Facebookの機能のひとつに
1年前2年前などの同じ日に投稿した内容を振り返ってみましょうというのがあります。

 

いつもは「へぇ、こんなこと書いてたんだぁ。」
「もう○年もたっちゃったのぉ?」
なんて楽しく見ているのだけれどつい先日上がってきたのがこれ。

 

Screenshot_20170119-074546

 
2年前に弟と父がやっていたお店に立ち寄ったというもの。
今は閉店しています。

 

母も手伝っていたので、ここにいくと自動的に家族全員が集まることに。

 

家族として話しながら食べるときもあれば、
気配を感じながら、友人たちと楽しく食べるときもある。
一人で静かに食べるときも。

自分の距離感でいられる場所でした。
すでに実家の家がなくなっているので、ある意味第2の実家みたいなものだったかも。

だから、閉店したと聞いたときは本当にショックで、涙が出てしかたなかった。
こうやってこれを書きながらも涙がこみあげてきます。

 

それほどショックではあったけれど、時間は関係なく流れ、気がつけば前に進み始めている日常。
思い出すことも、涙することもなくなっていました。

が、この記事が上がってきたのを目にした時は、ショックを受けたその時に引き戻されちゃいました。
あ~、そうだった。なくなっちゃったんだった。
と。

 

今までお店は何度か移転していたけれど、その時には感じなかった喪失感。
・行けばいつでも家族全員の顔が見られる場所
 帰るところを完全に失った気分でした
 

・幼い頃からあるのが当たり前だったお寿司を食べられる環境
 小さい頃、休憩時間に遊びに行ったり、お寿司食べさせてもらったり、
 お味噌汁の作り方教わったり…。仕込みを手伝ったり…。
 そういう思い出がこみあげてくるところをみると、
 なんだか育ってきた環境そのものを失ってしまった気分。

 

・両親の老いとそれを実感することによる予期悲嘆

などなど

 

結構いろいろ詰まっていました。

 

DSC_0181_R

 

まさにグリーフ

 

2年たっても、思い出せば涙がでます。胸が苦しくなります。

 

おかしいですか?

 

おかしくなんかありません。

私にとって失ったものがどういうものだったか、どれだけ愛着や執着があったかなんです。
グリーフとは、そういうものです。
周りが決めつけたりできないんです。

 

だから、比べる必要はありません。

 

あなたの中でどうなのか?

 

それでいいんですよ。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
小田急線鶴川駅徒歩5分 当日予約OK
アロマヒーリングサロン freilassen(フライラッセン)
http://freilassen.com/
住所:東京都町田市能ヶ谷町2-1-27
サンライズ池田301
TEL:042-719-1515
mail:info@freilassen.com
LINE@ ID: @sgi2471r
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
各価格は、最新の情報をご確認ください。

2016年12月17日

悲しかった まずはそこから (グリーフ)

別れは、誰も予期していない。

その時が来るなんて思ってもいない。
なんとなくは考えたとしても、「その時」なんて待ってない。

 

だからその時が来たとき私たちは
何が起こったのか本当はよく分かっていないことがある。

 

頭の中で「いなくなっちゃった・・・・・」という文字だけが
スクロールしている感じ。
ただただスクロール。

 

そしてまわりだけが、その状況を理解し
ものごとが流れていく。
自分のまわりだけ。

 

やっと文字が現実として目の前に見えるようになっても、
それを受け止めるのは大変なこと。

 

苦しくって当たりまえ。
悲しくって当たりまえ。
腹が立ってもあたりまえ。

 

その苦しみや激しさを感じたくなくて、
ついつい自分の感情に蓋をしてしまったり、
なんでもないかのように通り過ぎようとしちゃうよね。

 

時には他のことに依存したりもする。
でも本当は、しっかり悲しむということが必要なの。

 

感情に蓋をしても、いつかその蓋はあいてしまう。
通り過ぎたつもりでも、あるときその感情にうちのめされそうになってしまう。

 

今だからわかる。
本当は心底悲しかった。
本当は、物分りなんてよくなかった。
本当は、本当は・・・・

 

そう。私は悲しかった。
そう。私は全然納得できなかった。
そう。私は怒ってた。
そう。私は・・・

 

そんな私を認めた。
かっこ悪くてもなんでもいい。
責めたりもしない。
場合によったら腹黒くたっていい。

 

自分も感情を捻じ曲げる方が身体にも心にもよくないよ。

 

開き直るんじゃないよ。
私はそう感じてるんだ。そんくらい悲しかったんだってことを
そのまんまマルっと受け止めてあげるんだよ。
まるで、小さな子を抱っこしてあげるみたいに。

 

 

まずはそこから…。

 

※もちろん、一人で受けとめるのが厳しすぎることもある。
そんな時には、誰かに思いを聞いてもらえるといいね。

お友だちでもいいし、専門機関でもいい。
フライラッセンでも受けとめるからね。

 

980bb8a64527260a02193451221b7169_m

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
小田急線鶴川駅徒歩5分 当日予約OK
アロマヒーリングサロン freilassen(フライラッセン)
http://freilassen.com/
住所:東京都町田市能ヶ谷町2-1-27
サンライズ池田301
TEL:042-719-1515
mail:info@freilassen.com
LINE@ ID: @sgi2471r
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
各価格は、最新の情報をご確認ください。

2016年08月23日

亡き人を想う グリーフ

小田急線鶴川駅から徒歩5分
アロマヒーリングサロン フライラッセン のkyokoです。

 

オリンピックが終わりました。

あまりジッとは見なかったものの、ところどころ興奮して見ちゃいました。

 

みなさんはどのシーンが記憶に残ってますか?

 

私は、記憶に新しい男子のリレー決勝。

全員早いから、展開が早くって、あっという間に終わっちゃった(笑)

「うわ、はやっ!」とつい口走っちゃったくらいです。

 

それと女子レスリング。

試合がというより、伊調選手と吉田選手の試合後の発言が印象的でした。

伊調選手はお母さんを、吉田選手はお父さんを同じ2014年に亡くしています。

 

試合後、二人ともお母さん、お父さんへの気持ちをにしていましたね。

二人とも亡くなった親御さんにメダルを誓い、励まされてここまでやってきたんだなぁというのを痛いくらいに感じました。

亡くなっても今なお、彼女たちの支えとなっている。

小さいころからレスリングを続けてきた中でどちらも彼女らを鼓舞してきた大きな存在。

亡くなられた時のグリーフたるや大きかったと思います。

 

 

人は亡くなった人の死に意味を求めたり、まるで生きているかのように存在を感じることがあります。

その意味がみつかることで、また、存在を感じることで進めることもあるんです。

 

でもそれは、周りが押し付けるものじゃないですよ。

他の人がどう思うかではなく、その人にとっての意味。

 

失ってあまり時をたたずして思うこともあるでしょうし、

何年かたってから、「あぁ、このためだったのか。」と思うこともあるでしょう。

 

それも人それぞれ。

 

それも当たり前の反応。

 

a3ff39cda277221a3cbd18be8463c9c9_s

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
freilassen(フライラッセン)
http://freilassen.com/
住所:東京都町田市能ヶ谷町2-1-27
サンライズ池田301
TEL:042-719-1515
mail:info@freilassen.com
LINE@ ID: @sgi2471r
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年08月17日

失った「痛み」

小田急線鶴川駅から徒歩5分
アロマヒーリングサロン フライラッセン のkyokoです。

 

大切な人やものを失ってしまったあと、

どうやっても心にも体にも「痛み」を感じます。

 

人はどうしても「痛み」を感じるのは辛くって避けて通ろうとします。

感じないよう、感じてないよう振る舞い

その「痛み」を押し込めて先に進もうとする。

周りにも気がつかれないように。

 

喪失の「痛み」は弱いから感じてるんじゃないの。

当り前の痛みなの。

 

それだけ大切に思っていたんだよね。

それだけ失うなんて想像もしていなかったんだよね。

 

 

あわてなくていい。

おっきすぎる「痛み」は一人で抱えなくていいし。

あなたのペースでいい。

休み休みでいい。

 

「大切な人を亡くした人のための権利条約」(一般社団法人リヴオンより)

 http://ameblo.jp/freilassen/entry-11910173171.html

1444389498512

 

 

☆はじめてのメンタルワーク 8,800円

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
freilassen(フライラッセン)
http://freilassen.com/
住所:東京都町田市能ヶ谷町2-1-27
サンライズ池田301
TEL:042-719-1515
mail:info@freilassen.com
LINE@ ID: @sgi2471r
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
各価格は、最新の情報をご確認ください。

2016年08月12日

怒りのエネルギー

怒りのエネルギーは強く周りを圧倒する

 

時にそれはその人の本当の想いや感情を見えなくしてしまう

他人にも そして自分にさえもわからなくしてしまう

 

痛みや悲しみ、

切望、絶望

愛してほしい、信じてほしい、そばにいてほしい

 

本当はただそれだけかもしれないのに…

 

 

そして、深い悲しみを抱えているときは

その怒りのエネルギーが生きていく支えになることもある

 

その時必要なんだ。その人が生きていくためには…。

 

 

でも、いつか必要がなくなるときがくるといいね。

怒りを手放しても大丈夫なんだって思える日がくるといいね。

fe84b63a728ddd7f3593f53af1de4ead_m

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
freilassen(フライラッセン)
http://freilassen.com/
住所:東京都町田市能ヶ谷町2-1-27
サンライズ池田301
TEL:042-719-1515
mail:info@freilassen.com
LINE@ ID: @sgi2471r
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヒーリングサロン「フライラッセン」の心と体を解放するのに役立つブログ

町田市にございます「フライラッセン」では、サロンのお得な情報やスペシャルメニューのご案内や、こころとからだを解放するためのセミナー開催のご案内などをブログにて配信しております。
死別や喪失によりおこるグリーフケアに関するワークショップ等各種講座のご案内はもちろん、ワークショップ開催後には開催時の様子なども写真付きでご紹介しております。ブログでワークショップの雰囲気をご覧いただき、ご興味を持たれましたらお気軽にご参加くださいませ。
ブログでは今月の化粧水や精油のご案内もしております。様々なアロマを組み合わせ、心と体のリラックスに効く化粧水や精油をお探しください。「フライラッセン」では、アロマヒーリングも行っておりますので、お体のお悩みやストレスが溜まった時には是非ご相談ください。