こころとからだの解放サポート フライラッセン

鶴川 町田 新百合ヶ丘 麻生区 ヒーリングサロン フライラッセン


女性専用 フライラッセン

フライラッセン

2016年08月23日

亡き人を想う グリーフ

小田急線鶴川駅から徒歩5分
アロマヒーリングサロン フライラッセン のkyokoです。

 

オリンピックが終わりました。

あまりジッとは見なかったものの、ところどころ興奮して見ちゃいました。

 

みなさんはどのシーンが記憶に残ってますか?

 

私は、記憶に新しい男子のリレー決勝。

全員早いから、展開が早くって、あっという間に終わっちゃった(笑)

「うわ、はやっ!」とつい口走っちゃったくらいです。

 

それと女子レスリング。

試合がというより、伊調選手と吉田選手の試合後の発言が印象的でした。

伊調選手はお母さんを、吉田選手はお父さんを同じ2014年に亡くしています。

 

試合後、二人ともお母さん、お父さんへの気持ちをにしていましたね。

二人とも亡くなった親御さんにメダルを誓い、励まされてここまでやってきたんだなぁというのを痛いくらいに感じました。

亡くなっても今なお、彼女たちの支えとなっている。

小さいころからレスリングを続けてきた中でどちらも彼女らを鼓舞してきた大きな存在。

亡くなられた時のグリーフたるや大きかったと思います。

 

 

人は亡くなった人の死に意味を求めたり、まるで生きているかのように存在を感じることがあります。

その意味がみつかることで、また、存在を感じることで進めることもあるんです。

 

でもそれは、周りが押し付けるものじゃないですよ。

他の人がどう思うかではなく、その人にとっての意味。

 

失ってあまり時をたたずして思うこともあるでしょうし、

何年かたってから、「あぁ、このためだったのか。」と思うこともあるでしょう。

 

それも人それぞれ。

 

それも当たり前の反応。

 

a3ff39cda277221a3cbd18be8463c9c9_s

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
freilassen(フライラッセン)
http://freilassen.com/
住所:東京都町田市能ヶ谷町2-1-27
サンライズ池田301
TEL:042-719-1515
mail:info@freilassen.com
LINE@ ID: @sgi2471r
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年08月17日

失った「痛み」

小田急線鶴川駅から徒歩5分
アロマヒーリングサロン フライラッセン のkyokoです。

 

大切な人やものを失ってしまったあと、

どうやっても心にも体にも「痛み」を感じます。

 

人はどうしても「痛み」を感じるのは辛くって避けて通ろうとします。

感じないよう、感じてないよう振る舞い

その「痛み」を押し込めて先に進もうとする。

周りにも気がつかれないように。

 

喪失の「痛み」は弱いから感じてるんじゃないの。

当り前の痛みなの。

 

それだけ大切に思っていたんだよね。

それだけ失うなんて想像もしていなかったんだよね。

 

 

あわてなくていい。

おっきすぎる「痛み」は一人で抱えなくていいし。

あなたのペースでいい。

休み休みでいい。

 

「大切な人を亡くした人のための権利条約」(一般社団法人リヴオンより)

 http://ameblo.jp/freilassen/entry-11910173171.html

1444389498512

 

 

☆はじめてのメンタルワーク 8,800円

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
freilassen(フライラッセン)
http://freilassen.com/
住所:東京都町田市能ヶ谷町2-1-27
サンライズ池田301
TEL:042-719-1515
mail:info@freilassen.com
LINE@ ID: @sgi2471r
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
各価格は、最新の情報をご確認ください。

2016年08月12日

怒りのエネルギー

怒りのエネルギーは強く周りを圧倒する

 

時にそれはその人の本当の想いや感情を見えなくしてしまう

他人にも そして自分にさえもわからなくしてしまう

 

痛みや悲しみ、

切望、絶望

愛してほしい、信じてほしい、そばにいてほしい

 

本当はただそれだけかもしれないのに…

 

 

そして、深い悲しみを抱えているときは

その怒りのエネルギーが生きていく支えになることもある

 

その時必要なんだ。その人が生きていくためには…。

 

 

でも、いつか必要がなくなるときがくるといいね。

怒りを手放しても大丈夫なんだって思える日がくるといいね。

fe84b63a728ddd7f3593f53af1de4ead_m

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
freilassen(フライラッセン)
http://freilassen.com/
住所:東京都町田市能ヶ谷町2-1-27
サンライズ池田301
TEL:042-719-1515
mail:info@freilassen.com
LINE@ ID: @sgi2471r
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年07月26日

朗読で伝える、終末期の看取り に参加してきました

小田急線鶴川駅から徒歩5分
アロマヒーリングサロン フライラッセン のkyokoです。

 

今日から3年目がスタートします。
そんな中、午前中朗読会「-朗読で伝える、終末期の看取り-」に足を運ばせてもらいました。

 

ご自身もご主人を自宅で看取られた伝え手、平野麻子さんが

『大切な人の看取り方』(デニー・コープ著)を抜粋して1時間ほど朗読してくださいました。

たまたま他の参加者のご都合が悪くなり、私一人。

 

私一人の為に朗読をしていただけるというなんとも贅沢な機会は、

もしかすると私へのプレゼントだったのかもしれません。

1469505795843

終末期においてのグリーフケアは、お別れをした後のグリーフにも大きく影響を及ぼすといわれ、

切っても切れないものなのですが、

このタイミングで今日のような機会や平野麻子さんと出会えたことも、今後の活動に大きく意味を与えてくれると感じました。

 

私にとって、今回大きかったのは、

看取る側が考えていることや心配していることは、必ずしも逝こうとされている方は思っていないことがある

ということを知るということの大切さでした。

 

人は自分の経験したことに基づいて考えたり感じたりします。

そういう意味では死を経験している人はいないわけで、わかるはずもないのですが、

そういうことを知っているだけで、接し方やできることが大きく変化するでしょうし、

最期の大切な時間を寄り添いながら生きることができるのかもしれないって思いました。

 

 

グリーフケア、介護、看取り…

いろいろなものが繋がっていきます。

 

生まれてきたからには、いつか必ず死の時がやってきます。

どちらも同じように大切ないのちの流れの一部です。

フライラッセンは、どちらのことも、大切に向き合っていきたいと思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
freilassen(フライラッセン)
http://freilassen.com/
住所:東京都町田市能ヶ谷町2-1-27
サンライズ池田301
TEL:042-719-1515
mail:info@freilassen.com
LINE@ ID: @sgi2471r
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
各価格は、最新の情報をご確認ください。

2016年07月02日

グリーフについて

アロマヒーリングサロン フライラッセン のkyokoです。

 

グリーフについて

グリーフケアについて

 

ブログだったり、

ワークショップだったり、

出張講座だったり…

いろいろ思考錯誤しながら発信中です。

 

 

大切なものをうしなったときは、

悲しかったり

腹立たしかったり

ほんのちょっとホッとすることもあったり

 

具合が悪くなることもある

何も考えられないこともある

食事がとれなくなったり

眠りすぎたり

 

からだじゅう、

もしかしたら人間が持っているあらゆる方法で

その衝撃や受け止めたくない感じを表現しているのかもしれないなぁと思います。

 

 

それって他人事じゃないし

自分にだってやってくるだろうことだったりするし

もしかしたら、一番大事だなぁと思っている人に

降りかかってくることかもしれない。

それも、突然に・・

 

なのに周りで大切な人を失った人がいても

どうしたらいいのかわからなくって結局距離を置いてしまったり

それって特別なんでしょ?

とか思って話題にすることすら敬遠してしまうことありませんか?

 

でもね、知れば知るほどそんなことないって思ったんです。

そう思わせてくれた本が

尾角光美(おかく てるみ)さんのなくしたものとつながる生き方(サンマーク社)

そして彼女が代表理事をするNPO法人「リヴオン」「いのちの学校」

 

そんなてるみん(尾角さん)のインタビュー記事です。

とてもわかりやすくリヴオンの伝えたいグリーフケアについて

書かれています。

http://soar-world.com/2016/07/01/terumiokaku/

ぜひ、ご覧ください。

グリーフってなんだろ?って思っている方にもおすすめです。

38040ee726b762d22d8fe99311729e82_s

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
freilassen(フライラッセン)
http://freilassen.com/
住所:東京都町田市能ヶ谷町2-1-27
サンライズ池田301
TEL:042-719-1515
mail:info@freilassen.com
LINE@ ID: @sgi2471r
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヒーリングサロン「フライラッセン」の心と体を解放するのに役立つブログ

町田市にございます「フライラッセン」では、サロンのお得な情報やスペシャルメニューのご案内や、こころとからだを解放するためのセミナー開催のご案内などをブログにて配信しております。
死別や喪失によりおこるグリーフケアに関するワークショップ等各種講座のご案内はもちろん、ワークショップ開催後には開催時の様子なども写真付きでご紹介しております。ブログでワークショップの雰囲気をご覧いただき、ご興味を持たれましたらお気軽にご参加くださいませ。
ブログでは今月の化粧水や精油のご案内もしております。様々なアロマを組み合わせ、心と体のリラックスに効く化粧水や精油をお探しください。「フライラッセン」では、アロマヒーリングも行っておりますので、お体のお悩みやストレスが溜まった時には是非ご相談ください。