こころとからだの解放サポート フライラッセン

鶴川 町田 新百合ヶ丘 麻生区 ヒーリングサロン フライラッセン


女性専用 フライラッセン

フライラッセン

2018年03月12日

もうひとつの3.11

昨日書こうと思っていたのに、話がずれてしまった

もうひとつの3.11

 

3月11日は私の母の誕生日

83歳になったんだって。

 

よく「私はもう3回もお医者様から死んでもおかしくないと言われた」と

聞かされてたけど、83歳!

よかったじゃん。

 

と電話で話しました。

(弟にも毎年言われるんだって。そのくらい聞かされたんだよ。)

 

 

その話だけ覚えていたのだけれど、

母自体もお医者様に直接言われたわけではなかったらしい。

子どもの時にそういう状態になり、

祖父母がそうお医者様に言われたんだそうだ。

 

戦争だって経験している世代。

けれども何とか生き、父と出会い、私や弟を産んだ。

 

 

 

両親が生まれて、困難な環境の中生きて出会い、

私を産む。

これだけでもすごい確率。

 

さらに、両親にはそれぞれに両親がいて、

そのまた両親がいて。

 

さかのぼればどこまで行くのやら。

 

その間には戦争や天災も起こったであろうことは想像に余りあります。

そして、今より医療も食事も、生きるには大変だったはずなのに

その中で生まれ、生き、次につながった。

そして私にまで繋がってきている。

その確率は、もう「奇跡」

 

いつ途絶えててもおかしくない。

 

すごいね。

 

私、生まれた。

 

 

人間は生まれたその瞬間から

「生」と「死」の両方と共に歩みます。

必ずセット。

 

「出会い」と「別れ」も同じようにあります。

「光」と「闇」がセットのように。

 

つい明るい方だけ見ようとしちゃうけれど

対になっているからこその「明るさ」「喜び」だと思います。

 

 

3月11日

 

7年前 東日本大震災が起こり、

たくさんの命が旅立たれました。

残されたご家族、知人、周りの方がたの悲しみは

なくなることはありません。

 

 

一方、3月11日は

母が生まれた日。

一つの命が生まれてきた日。

 

震災の中生まれた命もあります。

その後も3月11日は毎年やってきていて

毎年新しい命が生まれています。

そして、これからも…。

 

悲しみだけの日ではない。

 

それを強く感じた一日でした。

 

CIMG0246_R

 

P.S.

そういえば、震災直後

「これで私の誕生日は震災のあった日になっちゃうね。」

と母が言ってたのを思い出しました。

なんだかさみしい気持ちになった私です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

小田急線鶴川駅徒歩5分 当日予約OK
アロマヒーリングサロン freilassen(フライラッセン)
住所:東京都町田市能ヶ谷町2-1-27
サンライズ池田301
TEL:042-719-1515
mail:info@freilassen.com
LINE@ ID: @sgi2471r
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
各価格は、最新の情報をご確認ください。

2018年03月11日

3.11 私にしかできないグリーフケアって?

3.11

 

「3.11」と聞けば、すぐに「東日本大震災」と浮かぶ。

 

東京にいた私でさえ、不安におびえた。

7時間以上歩いて帰宅してからは

テレビから流れる映像、映画でしか見たことがないような映像に

困惑し、悲しみ、「死」というものを初めて身近に感じた。

 

震災にあわれた方のお気持ちははかりしれず、

私などがどんなに言葉にしても

それは想像の域を越えず、

弱虫な私は現地に行くこともできない。

 

「弱虫な私」

 

あら、こんな言葉を自分が書くとは思っていませんでした。

 

何故って、

震災をきっかけに遠出ができなくなっていた時期、

やっとバスで行ったなじみの美容師さんが

「あぁ、やっぱり匡子ちゃんは弱いんだね。」って言ったんです。

彼は悪気は全くないのはわかっているし、

彼が言ったことはどうでもよかったんだけど、

誰かと私の話をそうやってしたんだなぁってことに

モヤッとした記憶があるから。

 

「弱虫」だから外出できなかったんではない!

 

ずっと抵抗していた言葉。

 

恐らく本当にそう思っているんだけれど、

今回この言葉を自分が自分に使った。

 

そのことに今、びっくりしてます。

 

 

私としてはちゃんとした理由、言い訳?があったんです。

初めて感じた「死」「別れ」

息子と会えなくなるなんて考えたこともなく

その恐怖がどーーーんと押しよせたから。

 

さらに仕事辞めたし、

骨折もしたし(震災の一週間後くらい)

とにかく怖くて眠れなかったし。

でも誰もわかってくれないし。

 

が重なった。

 

2度目の気分障害か…?

「気分障害は弱いからなるんじゃない」

という強い思いもありました。

それは今も変わらぬ想い。

 

でも、どこかで引け目に感じていたんでしょうね。

現地に行かれないこと。

できることがあるはずなのに、

何もできないでいること。

(そう感じていること)

 

それがこの「弱虫」という言葉になった気がします。

 

 

グリーフに関わっていくくせに。

 

そういう想いが自分にはあるのです。

きっと。

 

震災前から関心があった「グリーフケア」

学ぼう、たずさわりたいと強く思ったのは

東日本大震災。3.11

 

その気持ちは今も変わりません。

 

ただ、私ったらどこか「1か10か」「白か黒か」の部分があり、

100%目指したかったんでしょう。

 

でも考えても見てください。

グリーフは生きている人がいる限り、いたるところに起こりうるもの。

「死別だけじゃない」と私自身も何度も言ってます。

 

あれもこれもは私にもできません。

 

だけど、私には私にしかできない「グリーフケア」、サポートが

あるはずです。

 

そして、今これを読んでくださっている方には

その人にしかできないものが。

 

周りがこうしてるから、

この人がこうやってるからではなく、

 

自分が「今できること」

そこから始めていきませんか?

 

私も、もっともっともがきながら

私だけができるグリーフケアやサポートを

みつけていきます。

 

 

「弱虫」の一言から内容がぜーんぜん違くなっちゃいました(笑)

そのブログはまた後で…。

 

DSC_0587_R

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
小田急線鶴川駅徒歩5分 当日予約OK
アロマヒーリングサロン freilassen(フライラッセン)
住所:東京都町田市能ヶ谷町2-1-27
サンライズ池田301
TEL:042-719-1515
mail:info@freilassen.com
LINE@ ID: @sgi2471r
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
各価格は、最新の情報をご確認ください。

2018年02月28日

またまた切絵WSに参加。気づきが転がってた

日曜日の日に、切絵のワークショップに参加してきました。

今回で3回目。

今年のカレンダーを作るということで、どんな図案なのか

ドキドキ、ワクワク。

 

なんと、あいだみつおさんの言葉。

ひらがなって一見簡単そうなのですが、細かい図案とはちがった

難しさ。

だって、あのひらがな独特の丸みを表現したいじゃないですか!

 

ということで3つの中から選んで切り抜いたのはこれ。

 

DSC_1172-01

 

 

下の色紙も40種類くらいあって、自由に挟み込めるんです。

私は周りをカッターでまっすぐ切りましたが、

中には手でちぎっている人や、デザインしてカットしている人もいました。
今回私はシンプルに。

「ここから」という言葉が響いてきたので

それだけ目立つようにしました。

 

3回目なので余分な力を入れずに切れるようになってきました。

集中し始めると周りは一切気にならなくなります。

時々緊張をゆるめ、ため息ついたりボーっとしたり。

周りの人と交流したり。

 

こういう緩急をつけながらの作業は、とっても好きです。

 

思えば、会社勤めをしてきた中でも、

黙々とひとりで集中してする仕事が好きだったなぁと思い出しました。

書類の審査やチェック作業。
(そういう仕事ならまたやりたいなぁ)

 

 

そして、今回もう一つ。切り絵じゃなくってレインボーペーパーなるものを

使ったんですが、真っ黒な紙を割箸やペンなどでこすると

下がカラフル。

 

昔下をカラフルに塗って、上から黒いクレヨンで塗りつぶしたのを

ひっかいて絵をかくってしませんでした?

あれです。製品になっていた!

 

これがまた面白く、書く文字は決めているのに、

なかなか手をつけられない。

 

失敗したらどうしよう~

どのくらいの大きさに書けば見栄えがいいのかな?

みんなはどうしてるのかな?

などなど

 

あ~、そうなのよ。私って。
そういうところあるのよねぇ。

 

いろんなことから気づきがやってきますね。
気づきのきっかけはいろんなところに転がってる。

気づくコツは

ほんの少し自分にベクトルを向けること。
そしてジャッジしないこと(いいとか、悪いとか)。

 

この紙、私も今後ワークするときに取り入れていこうっと。
グリーフワークにも使えそうです。

DSC_1173-01

ちなみに↑。真ん中のは文字です。

Q. なんていう漢字でしょうか?

答えはまたの機会に…

 

 

前回参加の様子はこちら

http://freilassen.com/blog/2098

http://freilassen.com/blog/2201

 

切絵師由香利さんのアメブロはこちら。ワークショップ情報もアップされると思います。
https://ameblo.jp/risora30/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
小田急線鶴川駅徒歩5分 当日予約OK
アロマヒーリングサロン freilassen(フライラッセン)
住所:東京都町田市能ヶ谷町2-1-27
サンライズ池田301
TEL:042-719-1515
mail:info@freilassen.com
LINE@ ID: @sgi2471r
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
各価格は、最新の情報をご確認ください。

2018年02月27日

「はず」はいらない |自分はおかしいのかな?って思ってませんか?

「こうあるものだ」

「こうじゃなきゃいけない」

「きっとこう」

 

生きているとこういった言葉にぶつかって

よくわからないけれど、それが正しくって

そうじゃないとよくない。

 

みたいな感覚になることありませんか?

 

私はたくさんあったのですが、

たまに思い出すのが「子ども」についてかなぁ。

 

 

私には息子が一人います。

 

この時点で、私は「結婚している」と疑ってない人が多いと思います。

(私かなり昔に離婚してます)

 

そして、「子どもがいるし息子と仲がいい方だ。」

となると、私は「子どもが好き」だろうと思いますよね?

たぶん。

 

実は私、子どもずきではありません。

嫌いでもないけれど、特別興味があるわけではない(笑)

 

自分が妊娠して初めて、子どもという存在を身近に感じたんです。

 

それまでは、子どもとかもできるだけ構わないでいたし、

あやさないし、持ち上げない。

でも、「今さみしそう」と感じる時だけは

そっと触れたり、そばにいたりはする。

そういう距離感。

 

なので、いわゆる「子どもが好き」というのにはあてはまらないと

自分では思っています。

 

息子と仲がよいのは、

たぶん、息子を対等に生きてきたから。

小さい時は私が少し幼くなって、子どもが興味を示すものを一緒に楽しんだり

大きくなってくるにつれて、自分の弱さもさらけ出し(限界だったし)

できるだけ「個」の存在を大切にしてきたから

今でも息子は私と遊んでくれるんだと思います。

 

でも息子も私も「仲がいい」とも違っていると思っていて、

先日息子が「他が仲悪すぎるんだ」と言っていました。

私もそう思います。

というか、みんなもっと素直に息子や娘を好きって表せばいいのに、

妙に「親」という仮面を被ってるように思います。

 

 

 

あ、話がずれちゃいました。

 

最近、マタニティのお客様が何人もいらっしゃってるので、

どうしても、お子さんの話をすることが増えてます。

 

つい「楽しみですね♡」と言ってしまうのですが

「はい!」って笑顔を返す方と

「そうでもない」って顔をする方といます。

 

そのたびに凹みます。

だって今楽しみじゃなくても構わない。

(楽しみな方が楽しくマタニティ期を送れるけどね)

 

妊娠した途端、会う人会う人同じようなこと言われているだろうに…

って。

 

先のことは誰にもわからない。

生まれてみたら、おっそろしくかわいく、大切に思うかもしれない。

その逆もあるかもしれない。

 

もしかわいくないとか、辛いとか、

そういう時には一人で抱えないで助けを求めていけばいい。

 

でも、周りが決めつけているといいたくてもいえないよね。

 

「自分の子どもなんだからかわいいと思うはず」とか

「他の子もかわいいと思っているはず」とか。

 

「はず」はいらない。

 

周りの人は

その人その人をそのまま受けとめればいいし、

受けとめた上でサポートが必要ならサポートする。

手放しで楽しめるなら一緒に楽しみ、喜べばいい。

 

世の中には、まだまだたくさんの「はず」があって

その「はず」に苦しんでいる人がいるだろうな。

 

この「はず」。

自分はおかしいのかな?

自分が悪いのかな?

と思わせることがあるので要注意!

 

 

そう思ったら、誰かに話してみて。

案外すぐそばに、自分と同じように考えてたり悩んでいたりすることがある。

 

それが難しかったら、私に話にきてください。

 

まずは「私」を偵察に来てくれてもいいですよ(笑)

「こいつに話してもいいかな」と思ったら、

遠慮なくどうぞ(笑)

_DSC0301

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
小田急線鶴川駅徒歩5分 当日予約OK
アロマヒーリングサロン freilassen(フライラッセン)
住所:東京都町田市能ヶ谷町2-1-27
サンライズ池田301
TEL:042-719-1515
mail:info@freilassen.com
LINE@ ID: @sgi2471r
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
各価格は、最新の情報をご確認ください。

2018年02月20日

自己主張は大切

最近「日本の神様カード」をひくことが多かったのですが

久しぶりに「マジカルフェアリーオラクルカード」をひいてみました。

 

どんな時にひいてるんですか?

と聞かれることがありますが、

私の場合は、「(そのカードのことが)気になったとき」です。

そのカードをひくのかも。

 

出てきたのは「Assertiveness」(自己主張)のカード

DSC_1170

 

あら、きれい。

 

「自分の信念のために立ち上がり、本当に求めているものだけに、

イエスと言ってください。」

だって。

 

「自己主張」が苦手な人いますよね。

私もです。

 

本来「自己主張」は相手の意見(自分のも)を尊重してするものだから

攻撃や否定じゃないんだけれど。

 

特に「No」が言えないんですよね。

さらに、伝えているつもりでも伝わっていない。

 

相手の気持ちを考えてあげるから…ってこともあるけれど

自分否定や依存的だったりもします。

 

あ、逆にすごく攻撃的だったり、

一方的な人もいますね。

 

本来はこの中間。アサーティブな表現ができるといいんですよ。

相手のことも尊重しつつ、自分の思いを正直に伝える。

 

これをするには、自分のことも見えないとできない。

 

 

15年くらい前、職場の保健師さんが突然私に言ったんですよね。

「アサーションって知ってる?」って。

さらっと勧めてくれたのですね。

私の元旦那への愚痴を聞いていて、必要だと感じたんだと思います。

まったくもって「ノンアサーティブ」だったから。

(時に攻撃的でもあったかも)

 

ゲシュタルトワークなどするようになって

随分変化してきてはいるし、

相手を尊重しつつも自分の想いを率直に伝えられるように

なってはきたものの、まだまだなところもある。

 

それを今日、このカードをひいて思い出しました。

 

自分の人生を自分の足で歩んでいくには

大切なことなんだと思います。

 

しっかり伝える、言葉に出す。

時には厳しく感じられるかもしれませんが

そこには「裏の想い」を潜ませることなく

その時、そのまま、ありのままの状態で。

 

それ以上でもなく、それ以下でもない。

 

そんなコミュニケーションが

誰とでもできるようになると

もっと楽に生きられる人が増えるだろうなぁ…

 

さぁ、あなたはどうでしょう?

 

 

※お店にはオラクルカードが何種類か置いてあります。

気になったら声かけてください。

自由にひいていただけます!

(セルフサービスなので、無料ですよ(笑))

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
小田急線鶴川駅徒歩5分 当日予約OK
アロマヒーリングサロン freilassen(フライラッセン)
住所:東京都町田市能ヶ谷町2-1-27
サンライズ池田301
TEL:042-719-1515
mail:info@freilassen.com
LINE@ ID: @sgi2471r
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
各価格は、最新の情報をご確認ください。

ヒーリングサロン「フライラッセン」の心と体を解放するのに役立つブログ

町田市にございます「フライラッセン」では、サロンのお得な情報やスペシャルメニューのご案内や、こころとからだを解放するためのセミナー開催のご案内などをブログにて配信しております。
死別や喪失によりおこるグリーフケアに関するワークショップ等各種講座のご案内はもちろん、ワークショップ開催後には開催時の様子なども写真付きでご紹介しております。ブログでワークショップの雰囲気をご覧いただき、ご興味を持たれましたらお気軽にご参加くださいませ。
ブログでは今月の化粧水や精油のご案内もしております。様々なアロマを組み合わせ、心と体のリラックスに効く化粧水や精油をお探しください。「フライラッセン」では、アロマヒーリングも行っておりますので、お体のお悩みやストレスが溜まった時には是非ご相談ください。